しっかり食べたいこだわりの喫茶店

しっかり食べたいこだわりの喫茶店
cafe SAKURA

今回は、開店から17年目を迎えた「cafe SAKURA」へお邪魔してきました。一軒家を改装した店内は、落ちついた雰囲気の中にちょっとした遊び心が見えてきます。壁の黒板にはクイズが書いてあったり、テーブルにはガラス天板の下にカワイイ小物がならんでいたりと、料理を待つあいだも楽しくすごせます。このガラス天板のテーブルを始め、椅子や棚などほとんどがオーナーの手作りとの事。良く見ると席によってテーブルや椅子が違うのに、全体的に統一感があるのはそれが理由かもしれません。
軽食ではなく、しっかりとした御飯を食べられる喫茶店を作りたい。そんな思いでスタートしたお店は、オムライスにハンバーグと今でも御飯ものが並びます。盛りつけがおしゃれなので意外と少ないかなと錯覚してしまいますが、食べてみるとボリューム満点。デザートも美味しそうなので、御飯とデザート両方食べたい方はお腹をすかせて行くことをお勧めします。

cafe SAKURA

〒006-0033 札幌市手稲区稲穂3条6丁目11-1
営業時間 11:00~22:30 / 無休

めんたいクリームオムライス / 900円

意外な組み合わせ?!明太子+オムライス

オムライスに明太子をどう組み合わせるのか不思議でしたが、ひと口食べて「なるほど」と納得しました。ふわとろのオムライスに明太子のクリームソースという組み合わせは、少し薄めのケチャップライスとしっかりした明太子クリームソース の味のバランスが絶妙でとても美味しかったです。
ケチャップライスをやさしく包む卵は、ふだん自分が食べている卵と色の濃さが違っていました。お話しを聞くと、洞爺産の自然飼育している鶏の卵だけを使っていて、常に在庫を切らさないよう細心の注意を払っているそうです。明太子もいつも決まったものを仕入ているので、その明太子が流通しなくなった時はメニューから消していたこともあったとか。代用品だと味が変わってしまうから、無いときは出さない。そんな妥協を許さないオーナーの強い思いが感じられました。

めんたいクリームオムライス

キタラボ読者のみなさんに、試食してもらいました。

キタラボ読者のみなさんに、cafe SAKURAの看板ごはん「めんたいクリームオムライス」を試食してもらいました。cafe SAKURAの東峰和紀オーナーからメニュー開発や食材のことなどのお話しを伺いながら、楽しい試食会になりました。

試食の様子

みなさんの感想

  1. サーヤさん

    サーヤさん
    主婦

  2. とてもおいしかった。
    クリーム系のオムライスはあまり好きではなかったですが、これはまたリピートしたいと思いました。
  3. アヤカさん

    アヤカさん
    公務員

  4. 組み合わせが意外だったけど、おいしかった。ライスが少し固めで、クリームソースとまぜてもべチャべチャせず、ご飯食べてる!って満足感が良かった。
  5. いつきさん

    いつきさん
    ネイリスト

  6. 明太子のオムライスは初めて食べました。聞くだけだと想像がつきませんでしたが、食べてみたらなんともぴったりで美味しかったです。

MESSAGE

新メニューを決める時は、スタッフ全員で意見を出したものをシェフが作り、賄いとして食べて美味しさを確かめるそうです。自由な意見を出し合うのでメニューにできない案も出るそうですが、日々、スタッフ一丸となって新しいメニューを出してくるので目が離せません。最近の新メニューは、いろんな食材を泡状にできるエスプーマを使った「泡オム」という一品。どんな食感なのかとても気になります。
オーナーが根室出身ということもあり、札幌ではめずらしい根室名物「エスカロップ」があるお店としても知られています。おいしいエスカロップが食べられるということで、根室出身者のリピートも多いそうです。初めて名前を聞いた方は一度食べてみてはいかかでしょうか。

東峰和紀
オーナー

東峰和紀オーナー

取材・文/山田尚子 撮影/鈴木正俊

cafe SAKURA

cafe SAKURA

〒006-0033 札幌市手稲区稲穂3条6丁目11-1
営業時間 11:00~22:30 / 無休


お店の情報はこちら