グランドオープンでパワーアップ 北海道のおいしさ、焼肉で伝えます

グランドオープンでパワーアップ 北海道のおいしさ、焼肉で伝えます
北海道焼肉 プライム

JR札幌駅から地下直結のアスティ45ビル、こちらの1階にある「北海道焼肉プライム」へ行ってきました。道産和牛やふらのワインを楽しめる焼肉店として、永くお客様に親しまれているお店です。23周年を迎える今年、店内を全面改装して11月8日にグランドオープン。店名も「焼肉レストランプライム」から「北海道焼肉プライム」へと変わり、その変化を佐藤直樹代表から伺いました。
以前の店構えはバブル全盛期に作られたため「敷居が高そう」と、お客様に言われた事もあったそうです。親しみやすく入りやすい、ときおり来る観光客に北海道らしい自然をお店の中でも感じてほしいという思いから、改装後は木目調の内装を基調とし、それを暖色の照明があたたかく包むやさしい空間ができあがりました。今まで以上に北海道らしさを出して行くため、店名も「北海道焼肉プライム」に変えたそうです。皆様も新しくなったプライムへ足を運んでみてはいかかでしょうか。

北海道焼肉 プライム

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目ASTY45ビル1階
営業時間 平日11:00~24:00・土日祝日11:30~22:00 / 定休日 年始

牛たん定食 / 1,300円(税別)

佐藤の牛たんをランチメニューで。
肉厚なのにやわらかい熟成とカットがポイント。

お皿に並んだ炭火焼の牛たんは、肉厚でサクリとした歯ごたえがあり、他の部位とは違った食感で噛むほどに美味しさが広がります。お肉の表面に細かく切れ込みが入っている所も食べやすくて嬉しいです。歯ごたえ、噛むほどに、切れ込みがと書いていると、固いの?と感じるかもしれませんが、そんな事はありません。サクッと噛みきれて、牛たん独特の弾力と言うのでしょうか、このなんともクセになる食感が牛たんの美味しさのひとつだと思いました。
5年ほど前、焼肉店の牛たんと言えば「薄くスライスしてネギをまく」が定番でしたが、もっと美味しく食べてもらえるようにと考え「牛たんと言えば仙台」と、仙台へ向かいました。牛たん専門店を見て回り、戻ってからは牛たんとひたすら向き合い、カットのしかた、味付け、熟成させる時間など、牛たんを見るのも嫌になるほど繰り返したそうです。そのかいあって、今でも大人気の佐藤の牛たんが誕生しました。
今回は普通サイズのご紹介でしたが、これよりもっとやわらかい部位を厚く切った佐藤の牛たん<極>定食もありますのでお店でお確かめください。

牛たん定食

その他のおすすめメニュー

  1. 厚切りステーキ

    厚切りステーキ:あみ焼きステーキ
    厚切り肉を自分で焼く贅沢な一品。やわらかいお肉を口一杯にほおばれる、よくばりな人気メニュー

  2. 焼肉屋さんの塩ジンギスカン

    焼肉屋さんの塩ジンギスカン
    塩で食べるシンプルさがジンギスカンの旨みを引き立てます。厚めに切られた焼肉屋こだわりの羊です。

  3. プライムサラダ

    プライムサラダ
    お肉と野菜を一緒に食べれらるように、野菜メニューが豊富です。コースメニューには全て食前酢つき。

MESSAGE

グランドオープンしてから新メニューも色々と登場しています。北海道といえばジンギスカン、本州から来るたびに必ずプライムでジンギスカンを食べるお客様もいらっしゃるとか。更に美味しく楽しんでいただくために生まれたのが「焼肉屋さんの塩ジンギスカン」です。他にも、お肉と一緒に野菜もたくさん食べてほしいからと野菜系メニューも豊富な中、「北海道バーニャカウダ」も仲間入り、旬のお野菜をぜひどうぞ。
ゴミ拾いなどの地域貢献やスポーツ振興にも力を入れているからでしょうか、店長さんも店員さんもみなさん明るく活動的です。お店の入口はビルの外に面していますが、地下通路入口が目の前にあるので雨や雪の日もほぼ濡れる心配がないのも嬉しいですね。そして、なにより嬉しいのが、ランチは現金会計だと100円引きになること、ほくほくして帰り道も楽しくなります。

草住翔太
店長

草住翔太店長

取材・文/山田尚子 撮影/鈴木正俊

北海道焼肉 プライム

北海道焼肉 プライム

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目ASTY45ビル1階
営業時間 平日11:00~24:00・土日祝日11:30~22:00 / 定休日 年始


お店の情報はこちら